節約術

今日からあなたも水筒女子!マイボトルを持ち歩いて節約しよう

水筒を持ち歩こう!

最近よく見かける水筒女子。

ペットボトルを買う代わりに、マイボトルやマイ水筒を持ち歩く人も増えていますよね。

OLはもちろん、サラリーマンでも水筒を持っている人が多くなっています。

「水筒なんて貧乏くさい、ペットボトルくらい買えば?」って思う人もいるかもしれませんが、侮ることなかれ!

飲み物をペットボトルから水筒にするだけで、かなりのお金を節約することができるんですよ。

ここでは、飲み物代を節約してくれる最強グッズ「水筒(マイボトル)」についてご紹介しますので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

水筒(マイボトル)を使えば年間3万円の節約効果!

ペットボトルから水筒へ!

日本にはたくさんのコンビニや自販機があるので、好きな時に好きな飲み物を買うことができます。便利ですよね。

でも、毎日好き放題ペットボトルを買って飲んでいたら、結構なお金を使うことになるんですよ。

1ヵ月20日出勤しているとして、出勤日のみペットボトル(1本150円/500ml)を買う場合、以下のような計算になります。

1日150円×20日=3,000円(×12カ月)=36,000円

なんと、年間36,000円も飲み物代に出費していることになるんですよ。

年間とはいえ36,000円って…結構な金額ですよね。安いルンバなら買えちゃいます。

しかもこれ、1日1本の計算ですよ。ペットボトルを1日に2本3本買ってる、という人はその2倍3倍の値段になりますよね。

このか
このか
となると、年間7万~10万くらい飲み物代に使っている人もいるのかも…?(汗)

計算してみると結構ショックを受ける金額になりますが、それを水筒を持ち歩くようにするだけで、かなり節約できるようになるんです!

水筒を持ち歩くとしても中身は自分で用意しなければいけませんが、それでもかなり安い金額になりますよ。

自分でお茶を作る際の金額は、2Lのお茶を作る場合、

  • 水道代:0.5円
  • ガス代:5円
  • 茶葉代:10円

として計算すると、15.5円で4日分(1日500ml)作れます。

これなら一ヶ月の金額は、なんと116.1円で済むんですよ…!

つまり年間1,393円しかかからないので、一年で34,607円もお得になるというわけですね。

このか
このか
水筒にすれば、一年で約3万円近い金額を節約できるってこと!
スポンサーリンク

水筒(マイボトル)のメリット

お金が節約できる以外にも、水筒を持ち歩くことにはいろいろな利点があります。

まずは、そのメリットから見ていきましょう!

飲み物代の大きな節約になる

上述しましたが、なんといっても「飲み物代を大幅に節約できる」というのが大きいですね。

ペットボトルから水筒にすれば、年間にして約3万円近く節約できるんですから。

ペットボトルの1本は小さい金額でも、「塵も積もれば山となる」です。

少しでも節約してお金を貯めたいなら、ペットボトルをやめて水筒を持ち歩くのがベストですね。

常に冷たい飲み物や温かい飲み物を飲める

ペットボトルだと冷たい飲み物はすぐ温まるし、温かい飲み物はすぐ冷めてしまいますよね。

でも最近の水筒は魔法瓶のように性能が良いので、時間が経っても冷たい飲み物は冷たいまま、温かい飲み物は温かいままだったりするんですよ。

常に最適な温度で飲み物を飲めるのは、水筒ならではのメリットですね。

このか
このか
何時間経っても冷え冷え、熱々の飲み物を飲めるのは、めっちゃ感動モノだよ…!

節約意識が高まる

水筒を持ち歩いていると、「自分は節約している」感が高まると思います。

水筒を持ち歩く以外の他の節約術も実践しよう!と思えるようになっていくんですよね。

私も最初に始めたのは水筒の節約術でした。毎日水筒を持ち歩くのは面倒でしたが、次第に慣れていき、他の節約にも目が向くようになったんです。

自分の意識が節約に向かうのはとても良いことですし、周りにも堅実な印象を与えるので一石二鳥ですね。

このか
このか
お金にしっかりしている女性なんだなって思ってもらうことができるのがいいよね!もちろん、男性が水筒使ってればしっかり者のイメージになるよ。

何よりエコである

ペットボトルは使い捨ての製品なので、やっぱりエコじゃありませんよね。

でも、水筒なら何度でも繰り返し使えるので非常にエコです。

環境に優しいというのも、水筒ならではのメリットですね。

毎回ペットボトルを捨てることに抵抗を感じていた人なら、水筒一択です!

スポンサーリンク

水筒(マイボトル)のデメリット

一見良いところだらけのように見えますが、水筒にもデメリットはあります。次はそちらを見ていきましょう!

最初の出費が大きい

水筒を購入するには、最初に2,000円から3,000円くらいのお金が必要になります。

これ、15回から20回くらいは使わないと元が取れないので、途中でやめてしまったら逆に無駄な出費になってしまうんですよね。

水筒は面倒くさくて続かないというリスクがあるので、初期費用が無駄になる可能性もあります。そこら辺はデメリットですね。

ただし1ヵ月くらい使えば元は取れますし、さらに使えばもっとお得になるので、節約意識の高い人はぜひ取り入れてみてほしいなって思います。

毎日中身を用意しなくてはならない

水筒を買ったらそれで終わり、じゃないのが面倒なところですよね。

なんといっても、水筒の中身の飲み物を毎日自分で用意しなくちゃいけないんですから。

飲み物を作る時点で面倒ですし、それを水筒に入れる作業も面倒です。面倒くさがりの人は続かない可能性もありますね。

私も最初は面倒でしょうがありませんでしたが、今はもう朝の流れ作業というかルーティーンになっているので継続できています。

必ずやかんでお茶を沸かし、それを水筒に入れるのは日課になっていますからね。(パソコンの隣に置いて飲んでいます)

それでも、この作業自体が面倒で「続かない」という結果に陥る人もいると思うんですよね。

せっかく水筒を買ったのに続かないんじゃ、もったいない!

しかしその問題も、

2Lのペットボトルを安く買っておいてそれを水筒に移し替える

という方法を使えば、負担がかなり軽減されます。

自分でお茶を用意するよりは節約にならないのですが、安く2Lのペットボトルをまとめ買いしておけば、500mlのペットボトルを毎日買うよりはるかに安上がりなんですよ。

水筒の中身を用意する手間も省けますし、やかんを洗う手間も省略できますよね。

私の知人でもかなりの節約家がいるのですが、この2Lのペットボトルを水筒に入れ替える方法で、飲み物代をかなり削減してお金を貯めてました。

「中身を用意するのは面倒だけど節約はしたい…!」という人は、このように工夫してみてくださいね。

毎日洗うのが大変

なんといっても、使った水筒を毎日洗わなくてはいけないというのが最大の手間です。この面倒くささのせいで、水筒を挫折してしまう人は多いんですよね。

洗う作業自体はそんなに時間はかからないのですが、仕事で忙しくてクタクタになって帰ってきた後に洗うのは面倒でしょうがないですよね。。

水筒を洗わないわけにはいかないのでなかなか難しいのですが、一つ対策があるとしたら、「洗いやすい水筒を買う」くらいでしょうか。

水筒を洗うのが負担に感じてしまう人は、ぜひお手入れが楽な水筒を選んでくださいね。

重いし荷物になる

お金がかかるペットボトルの飲み物ですが、

  • 軽くて持ち運びやすい
  • 場所もあまり取らない
  • 飲みきったら捨てられる

という大きなメリットがあります。

しかし水筒はその逆で、飲み切っても捨てられない、カバンの中で意外と場所を取る、重い…というデメリットがあるんですよね。

これらの対処法は、

できるだけ軽くてスリムでコンパクトな水筒を買うこと

です。もうそれしかありませんね。

でも、外回りの仕事をする場合は水筒はやっぱり重いので、外回りに行く時くらいはペットボトルを買う方が良いかなと思います。

水筒女子にピッタリ!おすすめの水筒(マイボトル)

節約したいなら水筒にしよう!

水筒はオシャレなデザインのものもありますが、保温や保冷を重視する場合、

  • 象印
  • サーモス
  • タイガー

の3社から選ぶと良いです。

この3社の中から選んでおけば間違いはないので、購入の際の参考にしてみてくださいね。

象印

象印の水筒は保冷&保温の性能は非常に優秀で、軽くて持ち運びやすいのですが、洗うのが少々面倒なのがネックです。

しかし製品は頑丈で水漏れもないので、さすが安心の象印!信頼性重視の人は象印をおすすめします。

 

サーモス

サーモスの水筒も保冷&保温効果はバッチリで、比較的お掃除しやすいので人気です。

軽くて持ち運びやすく、スリムでオシャレな色合いが多いので選ぶ人が多いですね。

 

タイガー

部品が少なくて洗いやすく、一番お手入れがしやすいのはタイガーです。

スリムで軽いので持ちやすく、保冷&保温効果もバッチリなので人気が高いですね。

 

3社を比較すると、こんな感じになります。

保冷・保温重さ洗う手間
象印可能軽い洗うのが面倒
サーモス可能軽い洗うのは比較的楽
タイガー可能軽い洗うのがとにかく楽

どのメーカーも保冷・保温効果は充分で軽いのですが、お手入れのしやすさに差がありますね。

象印やサーモスを使う人も多いのですが、洗うのが面倒で最終的にタイガーにたどり着く人もいます。

面倒くさいお手入れ時間を短縮したいなら、タイガーの水筒を選んでおくのがベストですね。

もちろん、保温や保冷効果より見た目重視!のオシャレさんは、この3社以外のメーカーから選んでもOKですよ。可愛い水筒なら持ち歩いていてもテンション上がりますしね。

【まとめ】節約効果抜群!今日からあなたも水筒女子になろう

このか
このか
マイ水筒を持って会社に行こう!在宅勤務の人にもおすすめだよ。

水筒を使えば飲み物代が大幅に節約できて、年間34,607円もお金が浮くようになります。

確かに多少手間はかかりますが、「3万円分を稼いでいるんだ!」と思えば頑張れますよね。

私は今はほとんどペットボトルを買うことはありませんが(たまーにご褒美で美味しそうなジュースを買うくらいです)、生活にも全然支障はありません。

その分のお金が貯まっているんだと思えば、水筒を洗うのも全然苦じゃないですしね。

節約したい人はぜひ水筒を持ち歩いて、水筒女子を始めてみてください。もちろん水筒男子も大歓迎です!