スマホ料金

節約効果抜群!おすすめの格安SIM人気5社を比較してみた

毎月の携帯代って、とても大きな出費ですよね。

特に大手キャリア(DoCoMo・au・ソフトバンク)と契約していると、毎月1万円近く携帯代に支払っていることも多いです。

携帯代がかなり負担なので、どうにかして安くしたい!そう悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

毎月の携帯代を安くする一番の方法は、「格安SIM」に乗り換えること!

節約したい人の強い味方が、この格安SIMなんです。

ここでは人気5社の格安SIMを比較してみたので、携帯代を安くしたい方はぜひ最後まで読んでみてくださいね。あなたにピッタリな格安SIMがきっと見つかるはずです。

どうして安くなるの?気になる格安SIMの仕組み

このか
このか
格安SIMが安いのは、大手キャリアから回線を借りてサービスを提供しているからだよ!

スマホなどの携帯電話には、通信に必要な情報を記録してある「SIMカード」というものが入っています。

以前はDoCoMoやauやソフトバンクなどの大手キャリアと呼ばれる会社が発行するのが当たり前でしたが、今はそのキャリアから設備とネットワークを借りている「MVNO」という回線事業者も発行してサービスを提供しています。

その「MVNO」で契約すると料金がキャリアより安くなることから、「格安SIM」と呼ばれるようになりました。

この「MVNO」こと「格安SIM」業者は、設備やネットワークを借りてサービスするので費用を抑えることができるし、サービスも少ないので人件費もあまりかかりません。

格安SIMの仕組み

そのため、キャリアより安い金額でサービスを提供することができるってわけです。

格安SIMに乗り換えるデメリットとメリット

このか
このか
まずは、格安SIMに乗り換えるデメリットとメリットを確認しておこう!

 

格安SIMに乗り換えるデメリット

「大手キャリアから乗り換えるのって怖い…格安SIMは値段が安い分、何かデメリットがあるんじゃないの?」

こんな風に思う人も多いですよね、私もそうでした。

このか
このか
慣れ親しんだ大手キャリアをやめて、慣れていない格安SIMに乗り換えるのは、やっぱり不安な気持ちになるよね…。

格安SIMには確かにデメリットが存在します。

料金が安くなる分、大手キャリアより劣る部分はどうしても出てくるんですよね。

格安SIMのデメリットには、以下のようなものがあります。

  • 通信速度が大手キャリアより遅い
  • 実店舗が少なく店頭でのサービスがあまり受けられない会社もある
  • キャリアメールが使えない
  • キャリア決済が使えない
  • LINEのID検索ができない

一番のデメリットは、通信速度が大手キャリアより遅いこと。

通信速度が大手並みの格安SIMもありますが、それでも大手キャリアより多少は遅くなることを覚悟しておいた方が良いでしょう。やっぱり、その分の安さですからね。

とはいえ、体感的には「それほど遅く感じない、大手キャリアと同じように使える」と感じている人が多いのも事実。通信速度に関しては、そこまで不安にならなくても大丈夫です。

他にも店頭でのサービスが少ない格安SIMもあったり、大手キャリアにあった今まで通りのサービスが受けられない、というデメリットはいろいろあります。

あなたがもし「これくらいのデメリットなら問題ない!」と思えるなら、格安SIMに乗り換えることを検討してみましょう。

もし格安SIMのデメリットが不安なら、大手キャリアのままにしておくのも良いと思います。

格安SIMに乗り換えるメリット

格安SIMにはデメリットもありますが、それらが吹き飛ぶほどのメリットがあるから、みんな乗り換えるんですよね。

格安SIMのメリットは、以下の通りです。

  • 料金が安い
  • 通信速度が大手キャリアに近い会社もある
  • 会社ごとの独自サービスを受けられる

格安SIMに乗り換える最大のメリットはなんといっても料金が安いこと、これにつきます。

大手キャリアは1万円くらい支払う必要がありますが、格安SIMに変えたら月額1,000円から3,000円くらいで済むようになるんですよ。

多少サービスが少なくても料金が安い方がいい!という人は、格安SIMに乗り換えた方が毎月の出費が少なくなります。

例えば毎月キャリアに1万円支払っていたとして、毎月3,000円の格安SIMになったとしたら、毎月7,000円も浮くわけですからね。年間だと84,000円の節約になります。

これは大きいですよね。節約したい人は、多少の不便さよりも格安SIMを取るわけです。

格安SIMの料金の安さ

一番不安な通信速度ですが、格安SIMにしても今までとあまり変わらない、と感じている人の方が多いですね。

不安なら大手キャリアに近い通信速度の格安SIMを選べば、通信速度で困ることはほぼないと思います。

大手キャリアにないサービスも各社で用意されていますし、使い方次第では大手キャリアの時より格安で満足できるようになりますよ。

一度格安SIMにしてみたら、大手キャリアになんであんなに高いお金を払っていたんだろう…と思う人も多いです。

「もう大手キャリアには戻れない!」という声もよく聞くので、やはり格安SIMは使う価値があると思いますね。

このか
このか
私も格安SIMにしたけど、大手キャリアの時とほぼ変わらない通信速度だし、何より料金がかなり安くなって本当に満足しているよ! ホント、もう大手キャリアには戻れない…。

節約効果抜群!おすすめの格安SIM人気5社を徹底比較

おすすめの格安SIM5社比較
このか
このか
大手キャリアから格安SIMに乗り換えれば、確実に毎月の月額料金は安くなるよ!

「格安SIMにしたい!」と決意しても、どの格安SIMにすればいいのかわからなくて迷う人も多いですよね。

いろんな格安SIMがあり過ぎて、どれがいいんだかわからない…というのが正直なところだと思います。

実は、格安SIMはスマホの使い方によって選び方が変わってくるんですよ。

自分のスマホの使い方に合っている格安SIMを選ぶことが大事なんです!

人によっておすすめの格安SIMは違うので、ぜひ自分に合った格安SIMを見つけてくださいね。

格安SIMはたくさんありますが、多すぎて悩んでしまうといけないので、特に人気の5社で比較してみました。

音声通話+通信速度重視なら「Y!mobile」

Y!mobile

画像出典:Y!mobile

  • ソフトバンクのサブブランド
  • 通信速度が大手キャリア並に速い
  • 10分の通話かけ放題が無料(基本料金の中に含まれる)
  • 「スーパーだれとでも定額」なら無制限かけ放題
  • 全ての端末でSIMロック解除が必要
  • 留守番電話が無料で利用可能
  • キャリア決済サービス「ワイモバイルまとめて支払い」あり
  • 全国に約4000の店舗がありサポート体制も充実
  • 契約期間:無し

Y!mobileはソフトバンクのサブブランドとしての位置づけにあり、イメージ的には「格安SIM版のソフトバンク」です。

格安SIMなのですが、立ち位置的には大手キャリアと格安SIMの中間の存在になりますね。Y!mobileの独自回線も持っています。

Y!mobileの特徴は、何といっても通信速度が高速だということ。

お昼や夕方など、格安SIMの回線が一番遅くなる時間も高速通信できるのが強みです。

ソフトバンク回線と通信速度がほぼ同じなので、地下や屋内でも安定しやすいですね。

また、10分の通話かけ放題が基本料金の中に含まれているので、通話もしやすいです。

このか
このか
Y!mobileは通話をよくする人、大手キャリア並みの通信速度がほしい人向けの格安SIMだね!

大手キャリア並みの通信速度で電話も10分かけ放題無料でこのお値段なら、Y!mobileはかなりお得になりますね。

契約期間と解約金がなくなり、2年目以降に料金が高くなることもなくずっと同じ料金が続くようになったので、気になる方はぜひY!mobileを試してみてください。

Y!mobile
プラン料金
スマホベーシックプランS (3GB)2,680円(新規割6カ月間1,980円)
スマホベーシックプランM (9GB)3,680円(新規割6カ月間2,980円)
スマホベーシックプランR(14GB)4,680円(新規割6カ月間3,980円)

詳細ページ公式ページ

データ容量+通信速度重視なら「UQ mobile」

UQ mobile

画像出典:UQ mobile

  • auのサブブランド
  • 通信速度が大手キャリア並に速い
  • 有料だが10分の通話かけ放題か通話パックを選べる
  • 余ったデータ容量(ギガ)は翌月以降に繰り越して使える
  • 低速通信でも300kbpsという速い速度が出る
  • 低速通信は無料・無制限で使用可能(高速と切り替え自由)
  • 一部のau端末以外はSIMロック解除が必要
  • 留守番電話は月額380円の有料オプション
  • 「auかんたん決済」が使える(制限あり)
  • 全国に約2700の実店舗がありサポート体制も充実
  • 契約期間:無し

KDDIの子会社であるUQコミュニケーションズ株式会社が運営しているUQ mobileは、auのサブブランドみたいな位置づけであり、イメージ的には「格安SIM版のau」です。

格安SIMなのですが、こちらも立ち位置的には大手キャリアと格安SIMの中間の存在ですね。

auの通信回線を使用しているため通信速度が安定しているのが特徴で、昼や夕方など格安SIMが一番回線が遅くなる時間も高速通信になります。

UQ mobileの特徴は、余ったデータ容量(ギガ)を翌月以降に繰り越して使えること。

Y!mobileは翌月繰り越しができないのですが、UQ mobileならその点安心ですね。

このか
このか
UQ mobileはデータ容量を重視する人で、大手キャリア並みの通信速度がほしい人向けだね!

また、UQ mobileは低速通信でも300kbpsと速い速度が出るのが特徴です。

速度制限中も300kbpsあればある程度のことはできるので、これはありがたいですね。

高速と低速の切り替えも自由ですし、しかも低速通信は無料・無制限で使用可能なんですよ。

低速通信の時はギガを消費しないので、契約ギガを使いきった後でも安心です。これがUQ mobileの大きな魅力ですね。

通話は、こちらの2パターンから選べます。

  • かけ放題(10分/回):700円
  • 通話パック(60分/月):500円

無料通話はありませんが、通話よりもデータ容量がしっかり確保できる方が良い!という人は、UQ mobileの方が良いでしょう。

契約期間と解約金がなくなったので、気軽に試せるようになったのもうれしいですね。

UQモバイル

スマホプラン

プラン料金
プランS(3GB)1,980円
プランM(9GB)2,980円
プランL(14GB)3,980円

その他の料金プラン

プラン料金
データ高速プラン(3GB)980円
データ無制限プラン1,980円

詳細ページ公式ページ

料金の安さ重視なら「mineo」

mineo

画像出典:mineo

  • 料金が比較的安い
  • DoCoMo・au・ソフトバンクの3回線に対応している
  • 多くの端末がSIMロック解除しなくても使える
  • 「mineoでんわ」という通話専用アプリが必要(10円/30秒)
  • 通話かけ放題のオプションをプラス料金でできる
  • 他のユーザーとデータ通信量をシェアできる
  • 実店舗が少ない
  • 契約期間:無し

mineoは、株式会社オプテージが運営するDoCoMo・au・ソフトバンクの3回線のトリプルキャリアに対応した格安SIMです。

料金が安く、多くの端末でSIMロック解除が不要になるのが大きなメリットですね。

このか
このか
できればSIMロック解除したくない人はmineoがいいね!料金も安いし!

(全ての端末でSIMロック解除不要というわけではないので、対応端末かどうか「動作確認済み端末検索」でチェックしてみてください。)

通信速度は一般的な格安SIMレベルであり、通常は問題なく使えるものの、昼や夕方など混雑している時間帯には回線速度が少し遅くなります。

またmineoには「フリータンク」というものがあり、mineoユーザー同士でデータ通信量を分け合えるシステムがあるのが大きな特徴ですね。

万一データ容量を使い過ぎても、シェアしてもらえるのがmineoの最大のメリットです。

他にも、「パケットギフト」で他のユーザーにデータ容量を贈ることができるし、「パケットシェア」であらかじめ設定した回線間で繰り越したデータ容量を分け合えることもできるんですよ。

こんな風に、データ容量に関してサービスがいろいろ充実しているのもmineoの強みですね。

使わなかったデータ容量は自動繰り越しされますし、データ容量重視の人にはピッタリです。

また、通話は「mineoでんわ」を使います。オプションは以下の通りですね。

  • 10分かけ放題:月850円
  • 30分定額:月840円
  • 60分定額:月1,680円

「mineoでんわ」を使えば、このプラン以外でも10円/30秒で通話できます。

データシェアなどいろいろなサービスが充実していますし、SIMロック解除したくない人やできるだけ料金が安い方が良い人は、mineoを選びましょう。

マイネオ

デュアルタイプ(音声通話+データ通信)

データ容量AプランDプランSプラン
500MB1,310円1,400円1,750円
3GB1,510円1,600円1,950円
6GB2,190円2,280円2,630円
10GB3,130円3,220円3,570円
20GB4,590円4,680円5,030円
30GB6,510円6,600円6,950円

シングルタイプ(データ通信のみ)

データ容量AプランDプランSプラン
500MB700円700円790円
3GB900円900円990円
6GB1,580円1,580円1,670円
10GB2,520円2,520円2,610円
20GB3,980円3,980円4,070円
30GB5,900円5,900円5,990円

詳細ページ公式ページ

SNSを頻繁に使うなら「LINEモバイル」

LINEモバイル

画像出典:LINEモバイル

  • 料金が比較的安い
  • SNS(LINE・Twitter・Facebook・Instagram)のデータ消費ゼロ
  • DoCoMo・au・ソフトバンクの3回線に対応している
  • 多くの端末がSIMロック解除しなくても使える
  • データ容量の繰り越しができる
  • LINEのID検索ができる
  • 実店舗が少ない
  • 契約期間:音声通話SIMは1年

LINEモバイル株式会社が運営するLINEモバイルも、DoCoMo・au・ソフトバンクの3回線のトリプルキャリアに対応した格安SIMです。

こちらも多くの端末がSIMロック解除不要になるのがメリットですね。

(全ての端末でロック解除不要というわけではないので、購入前に対応端末かどうか「動作確認済み端末検索」でチェックしてみてください。)

料金は安いのですが速度は一般的な格安SIMレベルであり、昼や夕方など混雑している時間帯には通信速度が少し遅くなります。

LINEモバイルはSNSのデータ消費がゼロなので、スマホの使い方がSNSメインな人向けですね。

LINE通話もデータ消費ゼロになるので、LINEでの通話をたくさん使う人もお得になります。

このか
このか
LINEモバイルはSNSメインでスマホを使う人、料金を安く抑えたい人向けだね!

しかもLINEモバイルは、余ったデータ容量を翌月末まで繰り越すことができます。データ容量を大事にしたい人にもうれしいですね。

スマホの利用が主にSNSで、料金をできるだけ安くしたい人はLINEモバイルを検討してみてください。

LINEモバイル

LINEフリー

容量データSIMデータSIM(SMS付き)音声通話SIM
1GB500円620円1,200円

コミュニケーションフリー

容量データSIM(SMS付き)音声通話SIM
3GB1,110円1,690円
5GB1,640円2,220円
7GB2,300円2,880円
10GB2,640円3,220円

MUSIC+

容量データSIM(SMS付き)音声通話SIM
3GB1,810円2,390円
5GB2,140円2,720円
7GB2,700円3,280円
10GB2,940円3,520円

詳細ページ公式ページ

動画や音楽を楽しみたい人は「BIGLOBEモバイル」

BIGLOBEモバイル

画像出典:BIGLOBEモバイル

  • 料金が比較的安い
  • 「エンタメフリー・オプション」で音楽・動画の通信量使い放題
  • 「かけ放題」か「通話パック」の通話オプションあり
  • 通信量を分け合える「シェアSIM」あり
  • 全国83,000カ所で「BIGLOBE Wi-Fi」が使える
  • 実店舗は比較的少ない
  • 契約期間:音声通話SIMは1年

BIGLOBEモバイルは、プロバイダー会社として有名なビッグローブ株式会社が運営する格安SIMです。

「エンタメフリー・オプション」で、YouTubeやAbemaTV、AppleMusicやSpotifiyなどの音楽配信サービスや動画配信サービスが、カウントフリーでデータ通信量の制限がなく視聴できるのが特徴ですね。

標準画質(360p)に最適化された状態で再生されるので高画質ではないですが、1日中動画や音楽を視聴する人はBIGLOBEモバイルが良いでしょう。

このか
このか
音楽配信サービスや動画配信サービスをたくさん利用する人は、BIGLOBEモバイル一択だね!

また「シェアSIM」というサービスで、複数端末や家族間でプランの容量を分け合えたりもできます。

「かけ放題」か「通話パック」の通話オプションがありますが、そのプランを超えた場合でも「BIGLOBEでんわ」を利用すれば、9円/30秒で通話ができますよ。

通信速度はそこまで遅くもなく通常は問題なく使えるのですが、昼や夕方など格安SIMが混雑している時間帯には回線速度が少し遅くなる傾向にあります。

しかし通信速度が速いと感じている人も多く、ストレスを感じている人は比較的少ないので、一般的な格安SIMと同様に問題なく使えるでしょう。

BIGLOBEモバイル
プラン音声通話SIMデータ通信+SMSデータ通信のみ
1GB1,400円
3GB1,600円1,020円900円
6GB2,150円1,570円1,450円
12GB3,400円2,820円2,700円
20GB5,200円4,620円4,500円
30GB7,450円6,870円6,750円
上記に加えてエンタメフリー・オプションを契約する場合、音声通話SIMなら月額480円、データSIMなら月額980円が別途かかります。

詳細ページ公式ページ

ケース別の格安SIMの選び方

このか
このか
どの格安SIMを選べばいいかまだ悩んでしまう人は、ここを参考にしてみてね!

 

高速の通信速度がほしい人向けの格安SIM

高速通信の格安SIM

格安SIMにしたいけど、大手キャリアに近い通信速度がほしい!という人は、Y!mobileかUQ mobileを選んでおけば間違いないです。

お昼や夕方の一番混む時間帯でも、速度が低下することなく高速通信できるので安心ですね。

通話重視な人はY!mobile、データ容量重視な人はUQ mobileを選びましょう。

ただ、月間のデータ量を使いきった場合の通信速度はY!mobileは128kbps、UQモバイルは300kbpsなので、UQ mobileの方がより安心だと思います。

128kbpsだったらほとんど何もできないけど、300kbpsだったらSNSや低画質YouTubeは利用できるので。低速通信はUQ mobileの方が確実に良いですね。

料金が安い方が良い人向けの格安SIM

安さ重視の格安SIM

料金が安い方が良い人はmineoかLINEモバイル、もしくはBIGLOBEモバイルが良いですね。

ただ、Y!mobileやUQ mobileも現在はかなり安くなっているので、こちらの2社を選んでも料金は比較的安いです。

それでももっと安い方が良い!という人は、mineoかLINEモバイルかBIGLOBEモバイルがいいですね。

料金だけを見ると、mineoがわずかに安いです。

でも、LINEモバイルはSNSのデータ通信量がゼロなので、SNS分のデータ消費量を動画視聴などにまわせるんですよね。

BIGLOBEモバイルは音楽や動画のデータ消費量をゼロにできます。

少しでも料金が安い方が良い人はmineo、SNS使い放題を選びたい人はLINEモバイル、音楽や動画をたくさん見る人はBIGLOBEモバイルを選びましょう。

わからないことを解決!格安SIMのQ&A

このか
このか
格安SIMは複雑なので、わからないことも多いですよね。そのお悩みを解決します!

 

音声通話SIMとデータSIMってどう違うの?

音声通話SIMとデータSIM

格安SIMにしても、電話をしたり今までと同じ電話番号を引き継ぎたい場合、「音声通話SIM」を使います。

約7割程度の人は、この音声通話SIMを選択していますね。

「データSIM」だと以前の電話番号は使えませんが、050からの番号を使ったり、LINEアプリで電話したりします。通話SIMより月額500~700円安くなるのがメリットですね。

  • 同じ電話番号で今まで通り電話も使いたい人は「音声通話SIM」
  • 通話はLINEなどの通話アプリでいいから料金を安くしたい人は「データSIM」

どちらがいいかわからない場合は、こちらを参考に選んでみてください。

SIMロックには気をつけて!

SIMロック

キャリアで買ったスマホには、SIMロックがかかっています。

要は、その購入先のキャリアでしか使えないように鍵がかかっているわけですね。

DoCoMoで購入したスマホは、DoCoMo回線でしか使えないというわけです。

でもそのSIMロックを解除したら、auやソフトバンクの回線でも使えるようになるんですよ。

同じ回線を使うならSIMロック解除しなくてもOKですが、他の回線に乗り換えたい時が来るかもしれないので、できるだけSIMロック解除はしておいた方が良いです。

SIMロック解除しても何か不都合があるわけでもなく、今までのキャリアでも使えますし、デメリットは一切ないので。

auとソフトバンクはある期間を過ぎるとSIMロック解除ができなくなってしまうので、気をつけてくださいね。

DoCoMoauソフトバンク
SIMロック解除期限いつでも可能解約から100日以内解約から90日以内
受付場所店頭・オンライン店頭店頭

解約後のSIMロック解除は、店頭だと手数料が3,240円かかります。

ただし、キャリアで契約中ならオンライン上で手数料無料でSIMロック解除することができるんですよ。SIMロック解除は、キャリアの解約前に行った方がお得ですね。

今までのキャリアと同じ回線を選んだ方がいいの?

SIMロック解除

格安SIMを契約する時は、今まで契約していたキャリアの回線にしなければいけないってわけではありません。

同じキャリアの回線にしても構わないし、SIMロック解除さえすれば違うキャリアの回線を選んでも大丈夫なんです。

むしろ他社の回線に乗り換えた方が乗り換え割引が適用されるところもあるので、今までと同じキャリアにこだわる必要はないんですよね。

「キャリアがソフトバンクだから、格安SIMもソフトバンク回線を選ばなきゃ…!」と思わなくていいんです。

どこの会社の回線を選ぶかというより、自分のスマホの使い方に一番合った格安SIMを選ぶ方が大事ですよ。

ただ、自分の住んでいる地域で弱い回線は選ばない方が良いので、その点だけは注意しましょう。

例)auの電波が弱い地域ならau回線は選ばない方が良い、など。

【まとめ】契約料金が安くなる格安SIMを使って節約しよう!

格安SIM比較表
このか
このか
私も格安SIMにしたけど料金が安くなって満足だし、快適に使えているよ!人によっておすすめの格安SIMは違うので、ぜひ自分に合ったものを選んでほしいな。

今はいろいろな格安SIMがありますが、各社ごとのサービスには個性があるので、自分に合った格安SIMを選ぶことが何よりも大事になります。

こちらの人気5社の中から選べば間違いないので、ぜひ自分に合った格安SIMを選んでくださいね。

それでも、どれを選んだらいいかどうしても悩んでしまうという人は、「UQ mobile」が良いと思います。

大手キャリアに近い通信速度で料金も安く、データ容量が繰り越せる上に低速通信でもある程度使える格安SIMはUQ mobileだけなので。

「自分に合った格安SIMがわからない」という人は、UQ mobileを選んでおけば間違いないと思います。快適な格安SIMライフを、ぜひUQ mobileと共に送ってみてください。

UQ mobile
このかの格安SIM無料診断