節約術

出費の抑止効果あり!節約したいなら家計簿をつけよう

家計簿

「節約したいんだけど、家計簿ってつけなきゃダメなの?面倒なんだけど…」

このお気持ち、よくわかります!でも、家計簿をつけることは節約の基本中の基本。

家計簿をつけた方が節約がしやすくなるので、おすすめしています。

ここでは、家計簿をおすすめする理由や家計簿のつけ方について紹介していきますので、ぜひ最後まで読んでくださいね。

家計簿をつけることは節約の第一歩

このか
このか
家計簿をつけることの目的は、無駄な支出の「見える化」です!

自分が使っている無駄な支出は何か、家計簿をつけると一目瞭然になるんですよね。

自分が何に一番出費しているのか、無駄な支出は何なのかが理解できるようになり、お金の流れがわかります。

無駄な出費がわかればそれを削減することで貯金にまわせますし、節約になりますよね!

節約をしたいと思った時にまずやることの一つとして「収支の確認」がありますが、それを一度してから家計簿をつけてみましょう。

毎月の収支確認
節約したい!そう思ったらまずは毎月の収支確認から始めよう「節約をしたいんだけど、いったい何から始めたらいいのかわからない…」よく友達にこんな相談をされます。 そんな時に私がまず伝えるのは...

まずはとりあえず1ヵ月家計簿をつけてみて、どこにどれくらい使ったか把握するんです。

そして、家計簿をつけた後に再度収支のチェックをしてみると良いですね。

  1. 収支のチェック
  2. 家計簿を1ヶ月つけてみる
  3. 再度収支のチェック

こんな感じ。

どんなものに無駄な出費をしているかって、自分で自覚できていないことが多いんですよ。

家計簿を1カ月後に振り返ってみたら、いかに余計な出費をしていたかがわかります。

「あ~こんなものに使ってたんだ~無駄すぎる…」ってショックを受けるかもですが、それくらいでいいんですよ。もっと節約しよう!って意識が改革されますから!

自分の無駄な支出を把握するために家計簿をつけるんです。だから節約したいなら家計簿はマストです!

ちなみに、家計簿をつけるだけでもかなり出費が抑えられるようになりますよ。

出費の抑止になるんです。「家計簿に出費を書き込みたくないから、これ買うのやめよう~」ってなります!

家計簿をつけてないとどれくらい出費したかわからないんで、欲しいものがあったら「買っちゃえ~!」ってなるんですが、それを繰り返すことでお金が減るんですよね…。。

私も家計簿をつけてない時は、「なんでこんなに出費が多いんだ」って毎月頭を悩ませていました。無駄な出費が多かったんです、無自覚で…。

でも家計簿をつけだしてからは、「今月の支出額を増やしたくないからもう買うのやめよう」という思考回路になり、無駄な買い物をかなり抑止できるようになりました。

これってスゴイことだと思いませんか?家計簿をつけるだけで浪費しなくなるんですよ!(個人差はあると思うけど)

家計簿つけてるって人に言うと、「へーすごいね」みたいに言われますが、私から言わせると「なんでつけないんだろう」なんですよね。

このか
このか
「無駄な出費の抑止になるから家計簿つけるの良いよ!」って声を大にして言いたい!

また、家計簿といってもいろんなタイプがあって、

  • 手書き家計簿
  • エクセル家計簿
  • アプリ家計簿

などがあります。

でも、私はアプリの家計簿を推したい。理由は、簡単だから(笑)

家に帰ってから家計簿ノートに書くとかだと挫折しやすいし、パソコン開いてエクセルに書き込むのも面倒くさい…というか今やパソコン持ってない人も多いですよね?

だから家計簿アプリでいいと思います。すごく簡単だし!

家計簿アプリを使えば自動的にグラフ化してくれたりするので、視覚的に無駄な支出がわかるようになりますよ。

家計簿アプリ

家計簿をつけることにあたって必要なのは、まずは習慣化です。

途中でやめてしまう人も多いので、「継続する」ことを目標にしましょう!

その家計簿をつけるために必要なのはレシートなので、レシートは必ず取っておくこと。家計簿につけたら内容チェック後に捨てても良いので!

また、家計簿をつけるにあたって細かいことは気にしなくてOKです。ミスがあっても大丈夫ですよ。

完璧につけようとしてたら疲れるし、完璧な家計簿をつけることが目標じゃないので!

私はたまに入力漏れもあります。出費があったはずなのに見返してみたら家計簿につけてなかったとか、たまにありますね。

でも、これでもお金の流れはだいたい把握できるので、神経質にならないでOKですよ。

目的は自分の無駄な出費を把握することなので、細かいことは気にせずに、家計簿をつけることを習慣にしてしまいましょう!

スポンサーリンク

家計簿を継続できるようになったら家計状況をチェック

このか
このか
家計簿をつけることに慣れてきたら、家計状況をチェックしてみましょう!

ある程度家計簿をつけることが習慣化されてきたら、データを見返して分析してみましょう!

「え…分析なんてできないよ…苦手…」っていう人もいますよね。お気持ちわかります、私もデータ分析苦手です。。

でも、細かい分析をしなくても大丈夫。無駄な支出が多い項目がどれかをチェックして、そこを変えることができないか考えるだけです。

無駄な娯楽費やおしゃれ費がないかどうかチェックしてみたり、固定費も見直して削減できるところを削減するのも良いですね。

例えば、家計簿を1ヵ月つけてみたら洋服代に毎月5万円ほど使っていたことに気づいたとしましょう。

手取り18万~20万くらいの人で洋服代に月5万円は高いですよね。。その場合、本当に月5万円も洋服代に必要なのか考え直す必要があります。

アパレルショップの店員さんなら洋服代がかかるのでしょうがないですし、オシャレが大好きでどうしても洋服代を削減できないとかいう人なら別ですが。

でも、もし貯金をしたいならこの洋服代を5万円じゃなくて1~2万円に抑えたりして、残りを貯金に回すってこともできますよね。

こんなふうに、家計簿をつけた後見直して、自分の無駄な出費を削減するように修正していくんです。

このか
このか
収支のバランスを整えていく、それが家計簿をつけた後に必要な行動ですね。

無駄な出費がどれか把握することで、その収支のバランスを調整することができ、毎月の貯金額を増やすことにつながります。

  1. 自分の毎月の収支を確認する⇒現状の収支を書き出す
  2. 家計簿をつける(とりあえず1ヵ月)⇒家計簿の習慣化
  3. 無駄な支出を把握して収支を変更する⇒余分な支出項目を減額
  4. 貯金額を増やす&自分に合った節約術で出費を減らす⇒貯金が増える

こんな流れです。

スポンサーリンク

細かい分析ができないなら家計簿をつけるだけでもOK

このか
このか
ただ「家計簿をつけるだけ」でも大丈夫!

「家計簿をつけるくらいならいいけど、それ以外は面倒。簡単な分析すらできない…」

なんて方もいると思います。そんな方は、とりあえず家計簿をつけるだけでも良いです!

家計簿をつけて、だいたいの収支と支出を把握するくらいで大丈夫ですよ。

ただ、自分が今月どれくらい使ってるかすぐに目で把握できる家計簿アプリを選んだ方が良いと思います。

家計簿アプリにはいろんなものがありますが、今月どれくらい使ってるかが見た瞬間すぐにわかるように、「支出額」が目に入ってくる家計簿アプリがおすすめですね。

家計簿アプリを開くたび、「あ~今月はもうこんなに使ったんだからそろそろ出費抑えなきゃ」と抑止になりますから。

例えば毎月の生活費の総予算が15万なら、15万を超えないように家計簿アプリを見ながら毎月やりくりすればOKです。

家計簿をつけていなければ、この15万を超えていることに気づかず、お金をどんどん使っちゃいますからね。

家計簿分析が苦手な方は、今月の総予算を決めて、それを超えないために家計簿アプリを使っていくというのが良いかなと思います。

【まとめ】家計簿をつけるだけで出費が抑えられる!

このか
このか
家計簿をつけるだけで節約になりますよ!

細かく分析できる方も、分析があまりできない方も、家計簿をつけるだけで出費の抑止にはなります。

家計簿につけたくないからお金をできるだけ使わないようにしよう!ってなりますし、無駄な出費に気づいて抑えようとしますから。

家計簿はつけるだけで節約効果を感じられるという優れものなんです!

特に今は家計簿アプリという手軽なものがあるので、気軽に始めてみてほしいですね。

買い物したらただ金額を入力するだけだし、レシートを読み取りしてくれるアプリもあるので、ぜひ家計簿にチャレンジしてみてくださいね!