スマホ料金

イオンモバイルの特徴と気になるメリットやデメリットを徹底解説!

イオンモバイルの特徴!!

大手スーパーを経営しているイオングループが運営する、イオンモバイル。

業界の中でも料金がひときわ安いことで人気の格安SIM(MVNO)です。

身近なイオンで契約できる安心感はあるものの、イオンモバイルについてあまりよく知らないという人も多いですよね。

乗り換えを考えているなら、イオンモバイルのメリットとデメリットはしっかり把握しておきたいところです。

ここではイオンモバイルの特徴やメリット、デメリットや注意点をご紹介しますね。

他の格安SIMと比べても群を抜いて料金が安いので、契約を考えている人はぜひ最後まで読んでみてください。

イオンモバイルの公式サイトをチェック

目次

イオンモバイルのメリットや特徴

このか
このか
イオンモバイルは料金も安いし、メリットもたくさんある格安SIMだよ!

DoCoMo回線とau回線が使える格安SIM、イオンモバイル。

まずは、そのイオンモバイルのメリットや特徴について見ていきましょう。

1. とにかく料金が安い!プラン数がたくさんある&大容量プランがある

イオンモバイルの料金比較表
データ容量音声プランデータプランシェア音声プラン
500MB1,130円
1GB1,280円480円
2GB1,380円780円
4GB1,580円980円1,780円
6GB1,980円1,480円2,280円
8GB2,680円1,980円2,980円
12GB3,280円2,680円3,580円
20GB4,680円3,980円4,980円
30GB5,680円4,980円5,980円
40GB6,980円6,480円7,280円
50GB8,980円8,480円9,280円

イオンモバイルを契約することのメリットの一つは、なんといっても料金が安いことです。

例えばUQ mobileは1,980円だと3GBなのに、イオンモバイルではなんと6GB。

つまり、同じ料金でUQ mobileの2倍のGBを使えることになります。どれほどイオンモバイルが安いかがわかりますよね。

別のデータ容量を他の格安SIMと比較しても、やっぱりイオンモバイルが圧勝です。

大手キャリアから乗り換えるのはもちろん、他の格安SIMからイオンモバイルに乗り換えても料金が安くなって節約になることは間違いないですね。

プランの数もたくさんあるから選ぶのにも困らないですし、他にはあまりない40GBや50GBの超大容量プランがあるのも魅力的です。

イオンモバイルの料金プラン!!
イオンモバイルの料金プランを徹底解説!最安値級の安さって本当?身近なスーパーのイオンが運営する格安SIM、イオンモバイル。 とにかく料金が安いため、使ってみたいと思う人も多いのではないでしょう...

2. 「シェア音声プラン」で家族でデータ容量を分け合える

シェア音声プラン

画像出典:シェア音声プラン

イオンモバイルには、最大5回線でデータ容量を分け合える「シェア音声プラン」があります。

  • 音声通話SIM:700円
  • SMS付データSIM:140円
  • データSIM:0円

このように追加料金がかかりますが、4枚目と5枚目だけ追加利用料が+200円さらにかかるので注意してください。

ただ、追加利用料がかかったとしても、個別に契約するよりは安い料金になりますよね。

例えば家族みんなで「シェア音声プラン」にすれば、元々安い月額料金をさらに安く抑えることができるようになります。

複数端末で契約する場合は、この「シェア音声プラン」を契約して節約に活用しましょう。

3. 「イオンでんわ」の通話料半額&「10分かけ放題」+「050かけ放題」

イオンでんわ

画像出典:イオンでんわ

通話プラン プラン内容 料金
イオンでんわイオンでんわからの発信 10円/30秒
イオンでんわ10分かけ放題10分以内の通話が無料 月額850円
050かけ放題国内への電話かけ放題月額1,500円

イオンモバイルは通常の国内通話は20円/30秒ですが、専用アプリの「イオンでんわ」を使えば10円/30秒と半額で通話することができます。

月額850円払えば、1回10分以内の通話が毎回無料になる「イオンでんわ10分かけ放題」も使えますね。

そしてイオンモバイルには、「050かけ放題」という国内通話の時間無制限完全かけ放題もあります。

他の格安SIMでは時間制限があるかけ放題が多く、時間無制限のかけ放題があるところはあまりないんですよね。

このか
このか
050のIP電話での発信になるけど、完全かけ放題プランがあるのはイオンモバイルの大きな強みだね!

しかも050からの発信なので、データSIMでもこのプランが契約できるんですよ。

データSIMのみのデータプランは料金が安いので、節約しつつ無制限かけ放題ができるようになります。

「データプラン+完全かけ放題」という組み合わせができるのはイオンモバイルだけ。

お金をかけずに完全かけ放題にしたい人は、この組み合わせも検討してみてください。

完全かけ放題がある格安SIMは、他には完全かけ放題プラン「スーパーだれとでも定額」があるY!mobileがあります。

4. 高速・低速のオン・オフができる

イオンモバイル速度切り替え

画像出典:イオンモバイル速度切り替え

イオンモバイルには「イオンモバイル速度切り替え」というアプリがあり、高速通信と低速通信を手動で切り替えることができます。

低速通信に設定すれば、データ消費量がゼロになるのでデータ容量を節約できるんですよね。

低速通信時には最大200kbpsになりますが、Twitter・LINEやWeb閲覧などは普通に使えるレベルです。

高速通信⇔低速通信は、アプリのスイッチをタップするだけで簡単に切り替えできるので便利ですよ。

5. もちろんiPhoneでも使える

iPhone

イオンモバイルが気になるけど、iPhoneが使えなかったら困るという人も多いですよね。

でも安心してください、イオンモバイルでもiPhoneは使えます!

現在のイオンモバイルの対象機種は以下の通りですね。

  • iPhone 11 Pro Max
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11
  • iPhone XR
  • iPhone XS Max
  • iPhone XS
  • iPhone X
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone 8
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone 7
  • iPhone SE
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone 6s
  • iPhone 6 Plus
  • iPhone 6
  • iPhone 5s
  • iPhone 5c
  • iPhone 5
  • iPhone 4s
こちらは2019年12月の情報です。定期的に情報をアップデートしますが、最新情報はイオンモバイル動作確認端末一覧をご確認ください。

こちらのiPhoneにイオンモバイルは対応しているので、安心してくださいね。

6. 余ったデータ容量の繰り越しができる

データ繰り越し(6GB)

イオンモバイルでは、余ったデータ容量は自動的に翌月に繰り越しされます。

しかも、繰り越し分のデータ容量から優先的に使用されるようになっているので、データ容量を無駄にせず助かりますね。

ただし、追加チャージした分は翌月に繰り越しされることなく、当月中のみ有効となります。

7. 低速通信時にも「バースト転送機能」で快適に使える

バースト機能

イオンモバイルには「バースト転送機能」があります。

バースト転送とは、速度制限がかかった低速通信時に、最初の数秒間だけ高速通信で読みこんでくれる機能のこと。

このバースト転送機能さえあれば、低速通信時のSNSやWebページの表示がそこそこ快適になるんですよね。

つまりバースト転送機能があるイオンモバイルでは、低速通信時の体感速度がそんなに遅くはならないということです。

8. 直近3日間の通信制限がない

通信制限無し

イオンモバイルには3日間の通信制限がありません。

直近3日間で6GB以上使うと通信制限がかかる格安SIMもありますが、イオンモバイルにはそれがないのがメリットですね。

ただし、通信制限がないのはDoCoMo回線だけで、au回線は直近3日間で6GB以上使うと速度制限がかかるようになっています。

また、3日間の通信制限がないのは高速通信のみであり、低速通信は3日間の通信制限があるので要注意ですね。

9. イオンカードで購入すれば分割払いの手数料が無料

イオンカードセレクト

画像出典:イオンカードセレクト

イオンモバイルではSIMカードとスマホ端末をセットで購入できるのですが、イオンカードで支払えばその分割手数料を24回まで無料にしてくれます。

分割手数料は数千円発生することも多いので、それが無料になるのはありがたいですよね。

イオンモバイルを契約するなら、イオンカードを積極的に活用しましょう!

10. テザリングが無料で使える

テザリング無料

イオンモバイルでは、テザリングが追加料金不要で使うことができます。

大手キャリアだと有料になるテザリングが無料で使えるのはありがたいですよね!

このような魅力的なオプションがついているのも、イオンモバイルの良いところです。

11. イオンの店頭で申し込みができる

イオンモバイルの店舗

画像出典:イオンモバイル店舗一覧

イオンモバイルは、全国にあるイオン店舗で申し込みすることができます。

格安SIMは安いけれど実店舗が少ないのがデメリットなのですが、イオンモバイルなら近くのイオン店舗で対応してもらえるのがメリットですね。

このか
このか
身近なイオンの店舗で気軽に申し込みできるのがいいね!契約への心理的ハードルが低い感じ。

もちろん、イオンモバイルにはサポートセンターもあるので、契約後は何かあったらサポートセンターにも頼りましょう。

イオンモバイルお客さまセンター
TEL:0120-025-260 【受付時間】10:30-19:30(年中無休)

12. 契約期間と解約金がない

契約期間なし&解約金なし

イオンモバイルには、契約期間や解約金がありません。

申し込み当日には解約できないのですが、翌日以降ならいつでも解約することができるんですよ。

使用後にやっぱり自分には合わない…となった時、すぐに他の格安SIMに乗り換えることもできるので助かりますね。

いつでも気軽に解約できるので、気になる人はぜひイオンモバイルを試してみてください。

イオンモバイルの公式サイトをチェック

スポンサーリンク

イオンモバイルのデメリットや注意点

このか
このか
イオンモバイルのデメリットも知っておこう!

イオンモバイルにはメリットだけでなく、デメリットや注意点もあります。

契約後に「やめれば良かった」と後悔しないためにも、イオンモバイルのデメリットもしっかり把握して、自分が納得してから契約するようにしましょう。

1. 通信速度がそんなに速くない

イオンモバイルは、通信速度がそこまで速くはないです。

大手キャリアの回線の一部を借りているため、どうしても通信速度が遅くなってしまうんですよね。

もちろん快適に使用できている人もいますが、「遅い」と感じる人も一定数います。

特に、混雑する昼や夕方などの時間帯には回線速度がさらに遅くなりますね。

このか
このか
イオンモバイルは料金がすごく安い分、通信速度にはあまり期待しない方がいいのかもしれない。

速度が遅くなったら困る人は大手キャリアを使い続けるか、格安SIMの中でも高速通信になると評判のUQ mobileY!mobileを契約した方が良いでしょう。

ただ、イオンモバイルでも混んでいる時間帯以外の通信速度は普通の速さになります。

混んでいる時間帯の遅さを我慢できれば、イオンモバイルでも満足して使えると思いますよ。

2. 家族間の通話料は無料にならない

イオンモバイルには、家族間の通話を割引してくれるサービスはありません。

家族間の通話料が無料でついてくる大手キャリアとは違って、家族間の通話も有料になってしまうのはネックですね。

ただ、これは他の格安SIMでも同じなので仕方のないことです。

050かけ放題」を使えば家族間の通話料ももちろん無料になりますが、別途月額1,500円支払わなければいけないので、これだと実質有料ですしね。

家族間の通話は「イオンでんわ」を使って通話料を半額にするか、LINEの無料通話アプリを使って完全無料にするかのどちらかが良いでしょう。

3. 家族割がない

イオンモバイルには家族割というものはありません。

ただし、「シェア音声プラン」で家族でデータ容量を分け合うことで料金が安くなるので、これが実質家族割のようなサービスとなっています。

格安SIMで家族割があるのはUQ mobileY!mobileですが、こちらよりもイオンモバイルの「シェア音声プラン」を家族みんなで使った方が月額料金は安くなりますよ。

4. シェア音声プランは契約名義が同一じゃないと契約不可

イオンモバイルの「シェア音声プラン」は、契約名義が同一じゃないと契約できないようになっています。事前に名義を全て統一しておく必要がありますね。

MNP転入で契約する場合に名義が別の場合、MNP転出する前に名義変更をして名義を統一してからMNP発行する、という手間がかかります。

例えばDoCoMoで夫婦の二人が別名義で契約していた場合、このままだと「シェア音声プラン」にMNP転入することができません。

イオンモバイル契約前に、DoCoMoで名義を統一してからMNP転出を行う、ということが必要になりますね。

この辺がちょっと手間ではありますが、名義さえ統一しておけば何も問題はないので、「シェア音声プラン」を活用したい人は覚えておきましょう。

5. MNP転出手数料が高額

MNP転入した回線を転出する場合契約日より90日以内に転出する場合契約日より91日以降に転出する場合
2018年7月1日以降に契約した回線をMNP転出する場合3,000円15,000円3,000円
2018年6月30日までに契約した回線を2018年7月1日以降にMNP転出する場合3,000円8,000円3,000円

イオンモバイルには解約金はありませんが、高額なMNP手数料がかかります。

通常は3,000円ですが、イオンモバイルで新規契約した回線を契約日より90日以内に転出する場合は高額になっていますね。

特に2018年7月1日以降にイオンモバイルに契約して、契約日より90日以内に転出する場合は、なんと15,000円ものMNP転出手数料がかかります。

他の格安SIMだとMNP手数料が2,000円から3,000円くらいなので、比べるとかなり高い金額になっていますよね。

イオンモバイルで新規契約した回線をMNP転出で解約する場合は、90日(3カ月)以上経ってからにした方が良いでしょう。

6. 速度切替アプリに不具合が多い

イオンモバイルには高速通信⇔低速通信を手動で切り替えられる「イオンモバイル速度切り替え」アプリがありますが、そのアプリに不具合が多いという口コミがあります。

低速に切り替わってなかったり、ログインに失敗することがあったりと、不安定なのがネックですね。

もちろん快適に使えている人もいますが、不具合にイライラさせられているユーザーも一定数いるのは確かです。

せっかく良いサービスを展開しているのだから、イオンモバイルには早く快適で安定したアプリに改善してほしいところですね。

7. au回線だと3日間で6GB以上使うと通信制限がかかる

イオンモバイルでは、au回線だと直近3日間で6GB以上使うと通信制限がかかってしまいます。

長時間動画を見続けるということがなければ、3日間で6GB以上使うということもなかなかありませんが、au回線を利用する場合は注意してくださいね。

通信制限がかからない方が良い人は、通信制限がないDoCoMo回線を選んだ方が良いでしょう。

8. 低速通信時に3日間の通信量が366MB以上だと速度制限がかかる

イオンモバイルでは通信制限がない」と言いましたが、ないのは高速通信のみであって、実は低速通信時には速度制限があります。

タイプ1のみになりますが、低速通信時に3日間の通信量が366MB以上になると通信制限がかかるようになっているんですよ。

低速通信時に制限がかかったら、200kbpsからさらに低速に制限されます。

100kbps台の速度になったらSNSもできないくらいになり、スマホが使い物にならないレベルになってしまうんですよね。

動画を90分ほど見たら366MBくらい消費してしまうので、動画をよく見る人なら意外とすぐに通信制限になってしまう可能性があります。

手動で低速通信に切り替えられるイオンモバイルですが、データを消費しないからといって使い放題していると速度制限がかかり、スマホがほとんど使えなくなってしまうので注意してください。

9. 支払いはクレジットカードのみ

イオンモバイルの支払い方法は、クレジットカードのみとなっています。

口座振替やデビットカード支払いには対応していないんですよね。

ただしクレカ支払いの方がポイントがついてお得になるので、クレジットカードを持っている人なら特に問題はないと思います。

どうしても口座振替やデビットカード支払いが良い人は、楽天モバイルのようなクレジットカード以外の支払いができる格安SIMを選びましょう。

10. キャリア決済が使えない

イオンモバイルでは、ドコモ払い・auかんたん決済・ソフトバンクまとめて支払いのようなキャリア決済を使用することができません。

キャリア決済はスマホ料金と一緒に引き落とししてくれるので意外と助かることも多く、それが無いのは少々ネックですね。

キャリア決済ができる格安SIMはY!mobileUQ mobileなので、どうしてもキャリア決済がほしい人はこちらの2社をおすすめします。

11. キャリアメールが使えない

イオンモバイルでは、キャリアメール(@docomo.ne.jpや@ezweb.ne.jp)が使えません。

サービス登録時に必要なこともあるので、キャリアメールが使えないのは少々残念ですね。

しかもイオンモバイルではメールアドレスの提供も無いので、他の代替メールはないことになります。

このか
このか
しょうがないから、イオンモバイルにしたらGmailやYahoo!メールなどのフリーメールを使うようにしよう!

どうしてもキャリアメールが必要な人は、キャリアメールが使えるY!mobile(無料)かUQ mobile(月額200円)にしましょう。

12. LINEのID検索が使えない

イオンモバイルでは年齢認証ができないので、LINEのID検索ができません。

LINEは普通通りに使えますが、ID検索ができないのは残念ですね。

ただし、他の格安SIMでもほとんどID検索ができないので、これは仕方のないことだと割り切りましょう。

QRコード検索やふるふるなら使えるので、友達追加をしたい時はこちらを使うようにしてください。

スポンサーリンク

【まとめ】イオンモバイルは料金が安くて節約に大活躍!

イオンモバイルの特徴
このか
このか
イオンモバイルはとにかく安い!節約したい人にピッタリだよ。

イオンモバイルは、他の格安SIMと比べて料金がかなり安い格安SIMです。

元々安いのに、「シェア音声プラン」を使って家族でデータシェアすればさらに月額料金が安くなるのが魅力ですね。

最後に、イオンモバイルのメリットをもう一度ご紹介します。

大容量プランもあるし、数多くのプランから選べるイオンモバイル。

月額料金が安いうえに完全かけ放題まであるので、節約しつつ通話もたくさんしたい人にピッタリです。

数あるMVNOの中でも料金が最上級に安い格安SIMなので、気になる人はぜひ一度イオンモバイルの公式サイトをチェックしてみてくださいね。

イオンモバイルの公式サイトをチェック

イオンモバイルの口コミや評判&評価
イオンモバイルの口コミや評判&評価をまとめてみた!料金は本当に安いの?料金が安いことで人気の高い格安SIM、イオンモバイル。 身近なイオンが運営している安心感はあるものの、周りで使っている人が少ないた...
イオンモバイルの料金プラン!!
イオンモバイルの料金プランを徹底解説!最安値級の安さって本当?身近なスーパーのイオンが運営する格安SIM、イオンモバイル。 とにかく料金が安いため、使ってみたいと思う人も多いのではないでしょう...
節約効果抜群!おすすめの格安SIM人気5社を比較してみた格安SIM人気おすすめ比較ランキング...
UQ mobileUQ mobileY!mobileY!mobilemineomineo
メリット
口コミ・評判
料金プラン
メリット
口コミ・評判
料金プラン
メリット
口コミ・評判
料金プラン
LINEモバイルLINEモバイルBIGLOBEモバイルBIGLOBEモバイル楽天モバイル楽天モバイル
メリット
口コミ・評判
料金プラン
メリット
口コミ・評判
料金プラン
メリット
口コミ・評判
料金プラン
IIJmioIIJmioOCNモバイルONEOCNモバイルONEイオンモバイルイオンモバイル
メリット
口コミ・評判
料金プラン
メリット
口コミ・評判
料金プラン
メリット
口コミ・評判
料金プラン
人気格安SIMおすすめ比較5選